フィルム修復

フィルムは、プリントや映写機による物理的ダメージに加え、経年劣化による変形など様々なダメージを負っています。

デジタル化や複製作業を安全におこなうため、専門の技術者がフィルムを手作業で丁寧に修復していきます。

当社では作業困難と思われる劣化フィルムの修復にも数多く取り組んできました。どんなに酷い状態のフィルムでも、修復できる可能性があります。まずはご相談ください。

フィルムの物理的な修復

フィルムのダメージを検査し、修復作業を安全に進めるための物理的な修復をします。

フィルムはプリンターや映写機などの機械を通る際に、送り穴であるパーフォレーションに亀裂が入ったり、何かのトラブルで裂け目や欠損が生じていることがあります。

ダメージのある部分は、専用のテープ等を使って一つ一つ丁寧に修復し、フィルムの繋ぎ目(スプライシング箇所)の補修も行います。
極度に劣化したフィルムに関しては、特殊処理等を施し可能な限り修復します。8mm、9.5mm、16mm、35mm全てのフォーマットに対応可能です。

フィルムクリーニング

二流体洗浄によるクリーニング効果

映画フィルムは、複製や上映を繰り返すたびに、汚れや油が付着します。これらを除去するために、手作業や機械でフィルムの状態に応じたクリーニングを行います。

中でも二流体洗浄によるクリーニングは、水による高圧洗浄で、通常のクリーニングでは消えない傷を軽減する効果もあり、複製やデジタル化と併用すれば、より高品質な映像に仕上がります。

また、定期的にフィルムクリーニングを行うことで、劣化の原因となる酢酸ガスを発散し、劣化の進行を遅らせることができます。

関連情報

メディア掲載情報
当社が技術協力した『狂った一頁』染色作業の様子が、国立映画アーカイブ 公式 YouTube チャンネルで公開されました

国立映画アーカイブが運営する公式 YouTube チャンネルに、当社が技術協力した『狂った一頁(1926年、衣笠貞之助監督)』の染色作業工程の様子が公開されました。

お知らせ
「竹芝メディアスタジオ」施設紹介映像 公開のお知らせ

当社の新拠点「竹芝メディアスタジオ」をご紹介する施設紹介映像を制作いたしました。

イベント・登壇情報
オンライン配信セミナー「フィルム・リノベーション・トーク」~フイルムや映像の“残し方”を知るオンラインセミナー~に当社スタッフが登壇します

2月14日(月)より16日(水)までの3日間、京都府主催の「フィルム・リノベーション・トーク~フィルムや映像の”残し方”を知るオンラインセミナー~」に、当社アーカイブコーディネーター藤原理子が登壇いたします。

サポート情報
竹芝メディアスタジオ ご利用案内(入館受付・素材搬入・近隣駐車場)

竹芝メディアスタジオのご利用にあたって、入館受付方法、編集・MA室のご利用、素材搬入方法などクイックガイドとしてご案内します。

メディア掲載情報
「犬神家の一族」<4Kデジタル修復版>の軌跡(日本映画専門チャンネル)にて、当社の取り組みが紹介されます

11月8日(月)17時より日本映画専門チャンネルのミニ番組「犬神家の一族」 <4Kデジタル修復>の軌跡にて、当社の4Kデジタル修復の作業の模様が紹介されます。

イベント・登壇情報
ユネスコ「世界視聴覚遺産の日」記念特別イベント~マグネティック・テープ・アラート: 膨大な磁気テープの映画遺産を失う前にできること~に当社スタッフが登壇します

2021年10月16日(土)、ユネスコ「世界視聴覚遺産の日」記念特別イベント~マグネティック・テープ・アラート: 膨大な磁気テープの映画遺産を失う前にできること~に当社スタッフが登壇します

このサービスについてのお問い合わせ

下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。