【日本映画テレビ録音協会協会誌・録音】№.231に「竹芝メディアスタジオ 新試写室と音環境の設計」の寄稿が掲載されました

日本映画テレビ録音協会が発行する協会誌『録音(№.231)』に、「竹芝メディアスタジオの新試写室と音環境の設計」が掲載されました。

本記事では、3Fの集約したMA・ダビングルームの設備概要、3室構えた検定試写設備である試写室について触れています。”どの設備でも可能な限り同じ条件での見え方を確保する”ことを最も重視した試写室については、設計から施工、建築音響やスピーカー設置角度、仕上げ等の綿密な調整を経て開業に至った工程、そして完成された音環境の品質について解説しています。

工事中の第1試写室(スクリーン設置前の様子)
完成した第1試写室

「竹芝メディアスタジオ 新試写室と音環境の設計」

株式会社IMAGICAエンタテインメントメディアサービス
メディア制作部 デジタルシネマグループ
試写室エンジニア 髙橋 修一

『録音』№.231 2022年3月25日発行

日本映画テレビ録音協会 公式Webサイト
URL:https://www.sound.or.jp/

日本映画テレビ録音協会は、「音を録る人」「音を作り編集する人」「作品の世界を音で創り上げる人」等のプロフェッショナルの集団です。