映像制作者とワークフローをコネクトするCONEPIA(コネピア)

映画やドラマ作品の制作工程では、その作品に携わる多くのスタッフがセキュアかつタイムリーに情報共有し、映像・音声のプレビューや円滑なコミュニケーションができる環境が不可欠です。
CONEPIAは作業場所や環境の制約に縛られることなく、リモートで映像制作のコラボレーションを効率化するクラウドベースの映像制作支援ツールです。

CONEPIAの3つの特長

映像制作の工程で求められる細かいニーズに対応しています。

1)セキュリティを確保するアクセス制御

CONEPIAを利用するとクラウドベースのコンテンツ共有サービス(Frame.ioなど)を利用する際のセキュリティを高めることができます。
管理者によって招待されたユーザーのみにアクセス権を付与するだけでなく、アクセスパスコードを毎日更新し、自動的にユーザーに新パスコードを配布することができます。また、映像データについてはクラウドストレージに暗号化して保存し可用性・機密性・完全性を保っています。

2)デイリーを随時アップロード

撮影済みファイルから作成したデイリーメディアをFrame.io※を使って共有する場合、弊社スタッフもしくはプロジェクトの担当DITが随時アップロードするため、プロジェクトの関係者は場所と時間を選ばずに視聴することができます。また、デイリーメディアをオフラインメディアと兼ねることにより、編集部のスタッフはオフラインメディアを直接ダウンロードできます。

※Frame.ioはSEを除くiPhone8世代以降iOSデバイスであればHDR表示にも対応しています。

3)データマネジメントの一元化

CONEPIAを利用すると、映像制作のデジタルワークフローにおける重要な「データ」を一元管理することができます。
香盤表や台本、カット表などの資料もCONEPIAのProjectで共有し、メールの添付やクラウドストレージなどに散逸しがちなファイルを一元管理することで、各工程・段階の作業と作業の間の確認工数を削減することができます。

活用例

海外ロケや地方ロケに

長期にわたる地方ロケや海外ロケの場合、ロケチームと在京スタッフやポスプロチームとの連携が重要です。
デイリーの確認、指示出しやオフラインメディアの受け渡しをネットワークを介して行う場合、セキュリティの確保やファイル管理・コミュニケーションの管理が煩雑になりがちです。

CONEPIAはポストプロダクションのワークフローに沿った形でシンプルな機能の組み合わせにより、スムーズなリモートのコラボレーション環境を実現します。

連続ドラマのスピード感に対応

連続ドラマの場合、タイトな撮影スケジュールの中で話数順での撮影が難しいことが少なくありません。CONEPIAを活用すると前後のシーンの確認や、衣装・小道具のつながりを確認しながら撮影を進行できるため、撮影効率が向上します。

また、オフライン編集を並行する場合でもオフライン用メディアの搬送時間が削減できます。

CONEPIAのサービスについてのお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

このサービスについてのお問い合わせ

下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。

電話でのお問い合わせ:03-3280-7756 (プロダクション営業部)