台湾巨匠傑作選2021『ナイルの娘』上映後トークショーにレストレーションスーパーバイザーの中村謙介が登壇します

2021年4月17日(土)より新宿 K’s cinemaで開催中の「台湾巨匠傑作選2021」侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督40周年記念イベントにて、『ナイルの娘』(原題:尼羅河女兒、英語題:Daughter of the Nile、1987年製作)が上映されます。

5月1日(土)15:00回上映後のトークショーにて、本作品をの修復を担当しました当社の中村謙介(レストレーションスーパーバイザー)がリモートで登壇いたします。

『ナイルの娘』は、当社が2015年にオリジナルネガからの4Kスキャンし、映像・音声のデジタル修復を手掛けた作品です。本復元版は2016年のベルリン国際映画祭(Berlinale Classics)でも上映されました。

「台湾巨匠傑作選2021」イベント概要

侯孝賢監督のデビュー40周年を記念し「ホウ・シャオシェン大特集」として、監督・主演・プロデュース作品やオリヴィエ・アサイヤス監督による貴重なドキュメンタリー『HHH:侯孝賢』まで一挙に上映します。

公式サイトURL https://www.ks-cinema.com/movie/taiwan2021/
※本イベントは2021年6月11日(金)まで開催

(イベントは急遽変更や中止になることがございます。予めご了承ください。)

当社は、2018年にホウ監督作品『風が踊る』のデジタル修復も担当いたしました。
『風が踊る』の修復の様子は、下記のサポート記事にも詳しく取り上げています。

デジタルへの移行に伴い「フィルム」を扱うことのできる技術者や設備が急速に少なくなってきています。フィルムの技術とデジタル修復の技術を融合し、アジアの名作映画の修復に取り組んだプロジェクトをご紹介します。

本記事は2020年11月13日に、note.imagicalab.co.jpに公開された記事を再編したものです。記事内容及び社名は当時のものです。