インカメラVFXを使用したオリジナルデモリール『K:I:S』とメイキング映像を公開

株式会社IMAGICAエンタテインメントメディアサービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村昌志、以下当社)は、当社のCG/VFXサービスとカラーマネジメント技術を活かしたバーチャルプロダクションサービスの取り組みを強化しております。その取り組みのひとつとして、全編にインカメラVFXを使用したオリジナルデモリール『K:I:S』とメイキング映像を制作しました。

オリジナルデモリール『K:I:S』は、バーチャルプロダクションの特性と当社の技術ノウハウを結集し、スタジオにおいてすべてのシーンを1日で撮影したものです。実際の映像制作の参考になるようなシーンを多く盛り込んでおり、当社のVFX/CGサービスとカラーマネージメント技術を活用することで、インカメラVFXにおいて実際にどのような画作りができるのか、メイキング映像と合わせ具体的にご覧いただけるような内容となっております。

制作にあたっては、最終的な仕上げ工程を想定し、当社のカラリストがスタジオのLEDパネルとカメラアウトの映像へオンセット・カラーグレーディングを行っています。またCGクリエイターもアセット制作だけでなく撮影現場においても、シーンに応じた細かい調整を施すことで、そのデータをポストプロダクション作業で活用できるようにしました。インカメラVFXによって、編集・合成・グレーディング等、従来の後工程での仕上げ作業の短縮化を実現し、プリプロダクションや撮影から総合的な品質管理を行い、映像クオリティの向上を目指しました。

当社はバーチャルプロダクションスタジオ各社様と連携しながら、案件や内容に応じたより良い映像表現の実現に向けた映像制作をサポートしてまいります。バーチャルプロダクションサービスに関してご興味をお持ちの方は、お気軽に当社までご相談ください。

インカメラVFX デモリール『K:I:S』

インカメラVFX 解説映像『Making of K:I:S -Behind of InCameraVFX-』

当社サービスのご紹介
バーチャルプロダクションサービス:https://www.imagica-ems.co.jp/service/production/virtual-production/

当社のバーチャルプロダクションサービスでは、CG制作とカラーマネジメント技術ノウハウを活かし、ポストプロダクション工程を含めた総合的なワークフローの提案によるVFXシーン制作をサポートします。

インカメラVFXを含むバーチャルプロダクションに関するお問い合せは、以下のフォームよりご連絡ください。

本件に関するお問い合わせ(報道関係の方)

本リリースの内容についてはこちらのお問い合わせフォームからご連絡いただきますよう、お願いいたします。