保管(物理メディア/クラウド)

大切な映像コンテンツのメディア・データを資産として適切に保管します。またデジタル化してクラウドストレージに保管することで、コンテンツの利活用の可能性を広げることもできます。

物理メディアの保管

物理メディアの保管については、当社提携倉庫をご使用いただけます。詳細はお問い合わせください。

ディープアーカイブソリューション(LTO、クラウド、フィルムレコーディングetc)

大切な映像メディアの素材そのものの物理的管理・保管にとどまらず、LTO等の長期保存メディアのシステムでの管理・定期的なチェックなど、デジタルデータのディープアーカイブソリューションまで、ご予算に応じて、様々な長期保管に対応、ご提案させていただきます。

フィルムの保存関連サービス

フィルムの保存に関して、下記のサービスをご提供しています。

・ナイトレートフィルムの専用保存庫※
・フィルム収蔵施設の環境測定
・フィルムの状態調査
・酢酸ガス吸着剤(シネキープ)
・白黒銀画像を酸性ガスから守る保護処理
・二流体クリーニング
・フィルム巻取りによる脱酸処理(手作業による枯らし作業・KARASY)

※危険物第5類であるナイトレートフィルムは、20kg以上の保管には消防署への届け出が必要です。

130年の映像の技術を知る人がいます。
そして、未来へと繋げる人がいます。

― 守る技術を持っているからこそ新しい技術が生まれる。
IMAGICAエンタテインメントメディアサービスはお客様の映像作品の価値を尊重し、「映像の総合病院」として、お客様に寄り添い、多角的な視点での技術サポートをご提供いたします。

このサービスについてのお問い合わせ

下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。